1. HOME
  2. SMS
  3. SMS(ショートメッセージサービス)とは? 提供会社とビジネスにおける上手な活用のコツ
SMS
SMS(ショートメッセージサービス)とは? 提供会社とビジネスにおける上手な活用のコツ

SMS(ショートメッセージサービス)とは? 提供会社とビジネスにおける上手な活用のコツ

SMS

昨今、様々なメッセージングアプリが使われている中、BtoCにおけるコミュニケーションで改めてSMS(ショートメッセージサービス)が注目されているのはご存じでしょうか。
「いまさらSMS(ショートメール)?」と思う方も多いと思われますが、実は国内だけでなく世界的にも成長を続けているサービスなんです。

今回は、「SMSとはなにか」、「SMSのビジネスシーンでの活用事例」をご紹介し、改めてSMSがBtoCコミュニケーションにいかに適しているかをご案内していきます。

1.SMS(ショートメッセージサービス)とはなにか

そもそも、SMSとは。使ったことが無い方いらっしゃらないと思いますが、本題に入る前に簡単にご説明しましょう。

SMSとはショートメッセージサービスの略で、スマホ・フィーチャーフォン(ガラケー)に限らず相手の電話番号さえわかれば簡単に送れるメッセージング機能のことです。
特に、MNP(ナンバーポータビリティ)制度が当たり前になってからは、電話番号を変える機会は極端に減ったため、メールアドレス(場合によっては住所より)よりも長期的且つ継続的なコミュニケーションが叶う手段となっております。

そのため、個人認証や特定がしやすくP2PではLINEやその他様々なメッセージングアプリに押されがちなサービスという印象が強いですがA2Pではいまだ成長中のコミュニケーション手段と考えられています。
例えば、

-本人認証:セキュリティ強化のため、サービスログイン時に2段階認証としてシステムから認証コードが送信されます。

-請求や督促連絡:ご請求日のリマインドや、未払いに顧客への連絡を送信。

このように、業務利用SMSは色々なところに使われていて、とにかく開封率が良いため、どうしても見てもらいたい大切な通知(予約のリマインド、不在連絡、それから、電話のIVR(自動音声応答システム)と連動して、電話が受けられなかった時に、SMSでフォローアップを送る、など)という用途でも使われています。

【他サービスと比較してSMSの優位点】

ビジネスではお客様と連絡を取らなければならない業務が沢山あり、電話やメールやハガキなどが使われていますが、

電話:出てもらえないことがほとんど
メール(特に携帯のキャリアメール) : 埋もれてしまって見てもらえない、キャリアを変えるとアドレスが変わってしまう
ハガキ:お金がかかる

とそれぞれにデメリットがあります。

そんな中、SMSは、読んでもらえる(開封率がとにかく高い)上に、メールと違い、携帯端末に届いたかどうかの送達確認までできるので、ビジネスのお知らせ用途にはもってこいのシステム、との認識が広まり、普及が進んでいるのです。

ユーザーに確実にメッセージを届けたいシチュエーションでは特にSMSを選択する企業は多く成長を続けており、国内法人ユーザーのA2P-SMS直収配信数をみても、2017年度~2022年度までの年平均成長率42.6%(CAGR)とミック経済研究所が発表しており、再注目されているサービスといえます。

2.ビジネスでのSMS(ショートメッセージサービス)活用事例

では、具体的にどのようにSMSが活用されているのか、その他メッセージングサービスと比較してSMSが有用なのかを深掘っていきたいと思います。

【本人認証の場合】

先にご紹介したように、様々なWEBやアプリへログインする際、セキュリティ強化のため2段階認証となっているサービスが増えており、日頃からSMSで4桁から6桁の認証コードを受け取る方は多いのではないでしょうか。

本人認証にSMSが選ばれることが多い理由としては、メールアドレスやユーザー自身で設定したユーザーIDと違い、容易に変更されるものでは無く「“確実に”メッセージをユーザーに届くことができる」という点です。

「メールアドレスを変更したが、ユーザー情報の変更を行っていなかったために認証コードが届かなかった」と言うようなことが起きると、ユーザーがログインできずサービスを利用できないため、サービス提供側・ユーザー双方にとって死活問題となるでしょう。

【請求や督促連絡の場合】

顧客に対して、ご請求内容の確定のリマインドや入金の確認ができない場合に督促の連絡をSMSで受け取ることは多いかと思います。

こちらも本人承認同様、確実に送信するためにSMSが使われるという理由もありますが、Eメールで受け取ることもあるかと思います。

ではなぜ、SMSが選ばれることが増えているのでしょうか。それは開封率が関係してきます。

Eメールはgmailなどフリーメールも普及しており、一人でいくつものアドレスを持つことが可能です。そのため、どのアドレスでサービス登録をしたか管理できていなかったり、捨てアカウントと呼ばれるメルマガ登録のためだけに利用しているメールアドレスはユーザーが定期的に確認することが少ないため、開封率が著しく低く「配信はできても、確実に顧客にメッセージが届いている」とは言えないことが多く、1人=1電話番号ということがほとんどの電話番号で連絡可能なSMSは開封率が他のメッセージングサービスよりも圧倒的に高く、A2PのコミュニケーションにおいてSMSが選ばれることが増えています。

3.SMS(ショートメッセージサービス)活用事例

【税金回収の新たなソリューションとして:豊島区役所】

年間1,000件にも及ぶ税金の滞納者に対する回収のためのご連絡。これまでのご連絡手段は封書(催告状)の郵送や電話・訪問とあらゆる手段でコンタクトを試みてきましたが、なかなか回収につながらないという課題を抱えていました。

その打開策として、「電話番号だけで利用ができる」・「開封率=反応率向上が期待できる」SMSに着目し絶対リーチ!をテスト導入することになりました。

結果、SMS配信サービスを使った税金の納付催告をはじめたことで、高い反応率を得て、多くの滞納者からの自主納付を実現でき、従来の手段では連絡が取りづらかった滞納者(1,009人)に対してその後1ヶ月で159人から反応がありました。

最終的に自主的に納付をされた人数は261人、収納金額は870万円にも上り、この結果を受けて、新たな税金回収の手段として、SMS配信サービスを正式導入が決定しました。

インタビューにもご協力頂き、導入までの道のりや今後の課題をご紹介頂いています。

リンク
https://www.zettai-reach.com/case/toshimaku/

【「応募者と連絡が取れない」をSMSで解決。SMS配信後、面談人数35%増:株式会社ロジクエスト】

月間2,000件もの求人応募があり、その全てをたった4人の採用チームで対応していたなか、応募者と電話で連絡が取れずにロスしてしまう、面接の直前キャンセル・無断キャンセルが多数発生しており、効率化が大きな課題になっていました。

絶対リーチ!を導入し、まずは電話がこれまで繋がらなかった方へSMSの配信を実施。

そして面談までこぎつけた方には、面談日前日のリマインドとしてもSMS送信を行いました。

結果、電話が繋がらなかった方へSMSを送り、そのうち35%の方が面談設定まで至りました。加えて、面談前日のリマインドでSMSを送信したところ、無断キャンセルが30%も減少し、SMSを送ることによって、応募者とのコミュニケーションが円滑になり、作業の効率化を実現できました。

導入を検討したきっかけは、なんと、豊島区区役所様の導入事例をご覧になったからとお話してくださった株式会社ロジクエスト様。導入までの経緯やこれからの活用拡大イメージも詳しくお話くださっています。

リンク
https://www.zettai-reach.com/case/logiquest/

4.SMSサービスを提供している企業

ここまでお読みいただき、SMSがいかに有用であるかはお判りいただけたかと思います。現在SMSを利用したサービスを開発・提供している企業をいくつかご紹介いたします。

①空電プッシュ(NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社)

NTTグループが高いセキュリティと高品質さを提供するサービス。金融業や通信関連の企業に多く採用されています。
*リンク*
https://www.karaden.jp/

②メディアSMS(株式会社メディア4u)

キャリア直接接続型のSMS送信サービスで、2,000社以上の導入実績を持っています。SMS到達率を99.9%と発表しており、最近SMSの配信可能文字数が増えたこと早くから対応し660~670文字まで拡張できる長文SMSサービスを提供しています。
 *リンク*
https://www.media4u.co.jp/sms

③SMSLINK(株式会社ネクスウェイ)

30年間で10,000法人以上にサービスを提供している老舗サービス。業界最安値クラスの1通8円から利用可能。
*リンク*
https://www.nexway.co.jp/promotion/smslink/lpv01/

④絶対リーチ!

業界最大手の3,000社の導入実績を持っており、SNS到達率99.9%以上を誇るサービスを提供。どなたでも簡単な操作で、決済代行、キャンペーンの通知、アンケートなど、チャット形式でメッセージや画像のやりとりができるなど、導入のしやすさも強み。
https://www.zettai-reach.com/lp2/

5.まとめ

フィーチャーフォン時代から続く、親しみのあるSMS。スマホが普及しLINEをはじめとする様々なメッセージングアプリが台頭してきたことで、プライベートで知り合いとSMSで連絡を取る機会は減ってきました。

しかし、電話番号の個人認証として信頼性の高さは今でもトップクラスであり、SMSを活用したサービスが再評価されています。

そんな、企業側にも顧客側にも安心して利用し確実にコミュニケーションが取れるSMSを活用したサービスを提供している絶対リーチ!。

サービスの導入にご興味ある方は、お気軽にお問合せください。

絶対リーチ